精力剤選びに困ったら・・・

若い人にもたくさんいるED(勃起不全)とは?

勃起不全EDとは、本来は加齢により陰茎が勃起しなくなった状態の事を言います。しかしながら、最近は20代でもこの勃起不全EDになる方がたいへん増えております。食生活の変化、生活リズムの変化、過酷な労働、過大なストレス等が原因とも言われております。脳に異常がある先天性でない限りは、外的要因により勃起不全EDになっている原因です。他には糖尿病や高血圧の薬を飲んでいる方は勃起不全になりやすいとも言われています。

 

先天性以外での勃起不全EDへの対処方法
まずは、日常生活で仕事に追われて睡眠時間がなかったり、忙しすぎて休みの日でも会社の事を考えている、会社一筋で趣味もない。このような状況はストレス発散の趣味やスポーツをするなどして、ストレスを軽減するのが一番の方法です。自分では気がつきにくいのですが、気持ちに余裕がなかったり、さまざまな悩みで犯されている状態かもしれません。

 

これは本人だけでなく、もし家族がいれば、理解をしてあげて支えになってあげることが一番です。このような状況では勃起不全はもちろん、ウツ病などにもなる可能性が高いですから、その前にとにかくストレスをできるだけ解消してリラックスすることが必要になってきます。

 

次に疑うべきは、現在病院に通っている方でしたら病院から服用されている薬に原因があるかもしれません。今は、いただいている薬の内容をインターネットでも調べられますから、勃起不全などの副作用があるものかどうかを調べてみてください。

 

直接先生に聞くのが一番早いですけど、恥ずかしいですから。勃起不全になったタイミングと病院の薬を飲んだタイミングとが一致すれば、まずは病院の薬を疑ってみましょう。病院の薬を飲みながら、精力剤を飲むのはあまり良いことではありません。精力剤を飲む場合も、もしかかりつけのお医者さんがいらっしゃいましたら一度ご相談されることをオススメします。

 

交通事故などの外的損傷をすることにより勃起ができなくなる場合があります。これは脊髄を損傷すると脳からの指令が下半身に届かず勃起しなくなります。また、陰茎を強打してしまった場合も陰茎内部の神経の損傷により勃起が不能になる場合があります。陰茎を強打してしまった場合はお医者さんでしっかりと調べてもらってください。

 

交通事故などで脊髄損傷することにより性的興奮を伝える神経が損傷を受ける場合があります。その場合はEDを発症する場合があります。また下半身の強打等によりペニスの神経損傷などによって勃起することが困難になります。

 

それから、若い頃のセックスの体験が勃起不全を引き起こしている場合があります。例えば若いころに女性パートナーに短小の事を言われたり、肝心なセックスのときに勃起ができなかった時などです。若くてもお酒を大量に飲んでしまった場合は勃起が困難になります。このような心的トラウマ体験が勃起を妨げている原因の一つともなっています。こちらもおおらかな気持ちでセックスに望むしかありません。最初は誰だってうまくいかないことがたくさんあります。

 

以上が勃起不全の対策ですが、薬を使って勃起不全を治療する方法もあります。有名なバイアグラ、レビトラ、シアリスが有名です。それぞれ製薬会社が違いますが、目的は一緒です。欠点としては、お医者さんでの処方箋が必要なこと、嘔吐やめまい、頭痛などの副作用がある事です。インターネットでも処方箋がなくても個人輸入で購入できますが、有名なバイアグラは、まったく効き目がない偽者が多く出回っていますので気をつけなければなりません。またこれらの薬を飲んで副作用の症状が出た場合は飲用を辞めてください。

300種類の中から厳選した精力剤

ヴァイアグレット
ベテランAV男優のTw※tterでの嘆きから産まれた・・・結果、AV最長撮影記録を更新!ヤル前に飲むだけ!!ヴァイアグレット
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!